どうしてこんなに難しい・・・賃貸契約を易しく解説

シェアハウスとルームシェア

最近では生活習慣の多様性などから、賃貸アパートなどの考え方なども変化が生じてきており、ルームシェアやシェアハウスなどが以前よりも浸透してきています。
ではこのルームシェアとシェアハウスにはどのような違いがあるのでしょうか。
ルームシェアというのは海外では昔から一般的な賃貸スタイルでしたが、「部屋」をシェアするという考え方になります。
これに対して「家」をシェアするのが「シェアハウス」といわれ、リビングや炊事場、バス・トイレなどを、共有スペースとしてシェアするのが特長になっています。
友人同士で住むということもありますが、大抵の場合シェアハウスというのは他人同士で住むことになり、食事づくりを有志で手分けしてつくったりと独自の魅力があります。
またユニークなとりくみとして、シングルマザー向けのシェアハウスなどもあり、お互いに助けあいながら住むことができるという点で、ほかの賃貸スタイルにはないメリットが注目されています。
しかしこれらの賃貸スタイルはあくまで共同生活になりますので、生活するさいにはいくつかの注意が必要になります。
またルームシェアの場合には複数の人間で契約をすることになりますが、もしひとりが退去した場合には、残りの家賃を誰が払うのかというのは重要になりますので、契約を交わすさいにはよく確認しておきましょう。
また家賃の滞納などは大家さんにとって問題になるだけではなく、全員の滞納となってしまったり、お金の貸し借りなどになるとさらに問題が複雑になったりしますので注意しましょう。
また電気代やガス代などもシェアということになりますので、こまめに電気を消したり不公平だといわれないように使っていく必要があるといえるでしょう。
またシェアハウスと違って部屋をシェアするので防犯面でも注意が必要で、盗ったトラブルにならないようにするためにも貴重品はしっかり管理しておきましょう。
シェアハウスの場合には「個人の部屋」と「共有の設備」というスペースがはっきり分かれていますので、共有スペースには、私的なものは持ち込まないようにしたり、ちらかさないようにしたりの気遣いが必要になるといえるでしょう。
さらにこれらの共同生活で問題になるのが人間関係になるといわれています。
やはり共同生活になると良い部分だけでなく、個人の悪いところも目立ってきてしまいます。
それでしっかりお互いのプライベートは尊重して、距離感に注意するのは集団生活を長続きさせる秘訣だといえるでしょう。
Copyright (C)2021どうしてこんなに難しい・・・賃貸契約を易しく解説.All rights reserved.